i18nによる日本語対応

i18nとは

Railsアプリを多言語対応させるgem
フラッシュメッセージの多言語化などにも使用できる

デフォルトの言語を日本語化する

config/application.rbに以下を指定

config.i18n.default_locale = :ja

日本語のロケールファイル(辞書ファイル)はconfig/locales/ja.ymlに指定する

辞書ファイルを分割して管理しやすくする ロケールファイルが大きくなりすぎると1つのYAMLファイルでは管理しづらくなる
そこでmodel(Active Record)/view単位で分割する(Active Recordとは、MVCで言うところのモデル)
複数のロケールファイルを読み込めるようにconfig/application.rbに以下追加

config.i18n.load_path += Dir[Rails.root.join('config', 'locales', '**', '*.{rb,yml}').to_s]

これによりフォルダ/ファイル構成でロケールファイルを管理できる

├── defaults
│   ├── en.yml
│   └── ja.yml
├── models
│   ├── default
│   │   ├── en.yml
│   │   └── ja.yml
│   └── user
│       ├── en.yml
│       └── ja.yml
└── views
    └── user
        ├── en.yml
        └── ja.yml